topへ戻る
←前に戻る←鑑賞会のこと上演(例会)作品のこと地域・イベント情報リンク管理人のこと管理人へメール


入会方法
事務局
 会員制
 サークル制

■ なぜ、郡山演鑑は会員制なの?■
 “芝居が観たい”と思うとき、いつでも気軽に観られるのが、誰が考えても一番いいことに違いありません。ところが観たい芝居がいつでも上演されているのは、ほとんど東京だけという状況です。
 したがって、私たちが住む郡山で芝居を観ようと思えば、まず自分たちの手で芝居を呼ぶことから始めなければなりません。
 芝居は多くの観客を必要とするものです。それはまず、経済面の理由があります。公演のためには多くの経費がかかりますが、映画やCDなどと違い、保存でき何度も繰り返すことができないので、公演だけで経費を回収しなければなりません。その公演の観客が少ない場合は主催者は大きな赤字をかかえこむことになり、継続的に芝居を呼んで公演するということは、多くのリスクを負っています。
 そこで、会員制にすることにより、一定数の大勢の観客を維持することによって、リスクをさけ、安定した予算を組め、会を維持でき継続的に芝居を呼ぶことができるのです。
  以前、郡山市には「一人でも、一回だけでも、」という鑑賞団体がありましたが、有名人の出演する作品には大勢の観客が集まるが、知名度のない作品には人が集まらず、赤字が積み重なり、その鑑賞団体は解散する…という苦い経験をしています。
 郡山演劇鑑賞会は継続的に観続ける中で、この会を自分の会と思えるように、主催者と観客の垣根をなくし、誰もがこの会へ意見を言え、それを会の運営や企画作品に反映できるようにしました。また、観続けることによって思いがけない芝居と出会う楽しさは、多くの会員からも喜ばれています。
■前に戻る■
■ なぜ、3人以上なの?■
 郡山演鑑には3人以上のグループ(サークルと呼んでいます)を作って入会していただいています。これは仲間と観ることで、より多くの人と感動や発見を語り合う場にしていきたいという会の目的に根ざしたものです。
 演劇を観るということは、言うまでもなく一人の人間の固有のものですが、一人では観たい演劇を招くことはできません。郡山演鑑のような鑑賞会は、観たい人が何人か集まる、あるいは集めることによって成り立っている会なのです。ではなぜサークルは3人なのでしょうか。それは、2人という数は夫婦や恋人で成立してしまい、それ以上広がりにくい傾向があるからです。
 芝居を一人で心ゆくまで楽しむのも良いけれど、友達とワイワイ感想などを語り合ったりした方が楽しさが倍加するというものでしょう。サークルの仲間で話すことによって、観たい作品がよりはっきりしてきたり、新たな発見があったりするかと思います。それは同時に、来た芝居を観るという行為から、「観たい芝居を呼びたい」という動きへと一歩進んでいく際の出発点にもなるのです。
 また、事務的にも、会員への連絡・観劇日程の申込・鑑賞会の制度やこれからみていく作品の検討などをサークル単位でできるので、事務処理が大きく軽減され、参加しやすい会費を維持することにも役立っています。
■前に戻る■
Copyright(C)2007金魚やALL Rights Reserved
inserted by FC2 system